WIING WebServiceCloudのWordPress用メディアブログテーマです。-WIING MEDIA

Web制作に関する自社オウンドメディア-WIING media

HOME 〉WordPress 〉WPテーマ制作[4]-function.phpのカスタマイズその1

2019.10.23 Wed

WPテーマ制作[4]-function.phpのカスタマイズその1

WordPressテーマ

WPテーマ制作[4]-function.phpのカスタマイズその1

function.phpの設定について

function.phpではテーマファイルや読み込みファイルの制御からのサイトタイトル、アイキャッチ画像やナビゲーション、ウィジェットの項目制御や各種表示項目など、わりと自由にWordPress自体の制御を関数カスタマイズが可能です。

カスタマイズ項目は実はかなりの内容が含まれるので、まずはよく使いそうな項目のみをfunciton.phpに追加していきます。

PHPタグは始まりのみで、閉じタグは使用しないほうが良いようです。
まずはfunction.phpに記述されることが多い関数、ワードプレスフックをおおまかに抑えておきます。


  • add_action(‘フックが実行される対象’, ‘任意の関数名’);
    機能実行前に追加したい任意の関数を挟み込むことができる関数
  • add_filter(‘フックが実行される対象’, ‘任意の関数名’);
    基本的にはadd_actionと同じ関数で、WPCodex 日本語サイトでadd_action関数は『この関数は add_filter() のエイリアスです。 』
  • add_theme_support
    テーマやプラグインが特定のテーマ機能をサポートすることを許可する関数。
  • wp_enqueue_script
    スクリプトファイルの読み込みを最適化して読み込みを制御する関数

[function.php]の記述

WordPress特定の機能を有効かしたテーマ利用するための記述add_theme_support関数を使います。

//ページ投稿画面にアイキャッチ画像パーツを表示する関数
add_theme_support( 'post-thumbnails' );

//外観にメニュー機能を有効化
add_theme_support('menus');

// カスタムヘッダー機能を有効化
add_theme_support( 'custom-header' );

//外観のウィジェット機能を有効化
register_sidebar(array (
'name' => 'サイドバーウェジェット',
'id' => 'sid-bar',
'description' => '',
'before_widget' => '<section id="sid-bar01" class="">',
'after_widget' => '</section>;',
'before_title' => '<h2 class="">',
'after_title' => '</h2>'
));
とりあえずはこのぐらいで一度反映します。

掲載情報につきましては当社が独自に調査、検証および収集した情報です。

情報の妥当性や確実性を一切保証するものでなく、情報や内容が訂正や修正、変更されている場合があります。 よって、当社サイトの利用により生じたいかなる損害等についても運営側にて一切の責任を負いません。

掲載情報の修正・変更等をご希望の場合はお知らせください。