WIING WebServiceCloudのWordPress用メディアブログテーマです。-WIING MEDIA

Web制作に関する自社オウンドメディア-WIING media

HOME 〉WordPress 〉WPテーマ制作[6]-page.phpとsingle.phpのカスタマイズその1

2019.10.29 Tue

WPテーマ制作[6]-page.phpとsingle.phpのカスタマイズその1

WordPressテーマ

WPテーマ制作[6]-page.phpとsingle.phpのカスタマイズその1

page.phpとsingle.phpの設定について

page.phpは固定ページ、single.phpは投稿記事ページに該当します。
両方ともヘッダーとフッターを設置するので、以下の2つのWordPressタグは共通です。


page.phpに以下記述

<?php get_header(); ?>
<!--個別ページ-->
		<?php
		// Start ループ.
		while ( have_posts() ) : the_post();
		<?php the_title( '<h1 class="sec-tit">', '</h1>' ); ?>
		<?php the_content(); ?>
			//以下はテンプレートをインクルードする際に使用。templateフォルダ内にcontent-page.phpを配置した場合の呼び出し方
			//get_template_part( 'template/content', 'page' );
			// End ループ.
		endwhile;
		?>
<?php get_footer(); ?>

single.phpに以下記述

<?php get_header(); ?>
<!--投稿記事-->
		<?php
		// Start ループ.
		while ( have_posts() ) : the_post();
		<?php the_title( '<h1 class="sec-tit">', '</h1>' ); ?>
		<?php the_content(); ?>
			//以下はテンプレートをインクルードする際に使用。templateフォルダ内にcontent-single.phpを配置した場合の呼び出し方
			//get_template_part( 'template/content', 'single' );
			// End ループ.
		endwhile;
		?>
<?php get_footer(); ?>
page.phpは主に固定ページ、single.phpは主にブログ記事ページと覚えておきましょう。

固定ページと投稿記事ページにそれぞれサンプル記事で公開して、ページを表示させたときに内容が表示されればOK。パーマリンク設定は投稿名として各ページに名前を指定するとよいです。

上の例ではコメント化していますが、get_template_part( ‘スラッグ’, ‘ネーム’ );は、ファイル内にほかのphpファイルを読み込む場合に記述します。

外側の枠が一緒の場合に、内部の構成だけ変えたいなどの場合に、読み込みファイルを細分化して読み込むことで利便性が向上します。通常の事業者サイトなどではほぼ使用しません。

スラッグは参照する苗字みたいなもので、ネームはそのまま名前で、コメント例でいうとスラッグ-ネーム.phpでファイル姓名となり、get_template_partで読み込みが可能です。

掲載情報につきましては当社が独自に調査、検証および収集した情報です。

情報の妥当性や確実性を一切保証するものでなく、情報や内容が訂正や修正、変更されている場合があります。 よって、当社サイトの利用により生じたいかなる損害等についても運営側にて一切の責任を負いません。

掲載情報の修正・変更等をご希望の場合はお知らせください。